"Fursazham 7"の著者としてデジタルフロアウォーカー - 映画のニュース

カー事故のPaul Walkerで悲劇的に亡くなったのは、すべてのシーン「早送り7」で開催される時間がありませんでした。これは、2015年4月の映画のリリースのみを延期した。現代の技術は、絵画の作者が彼のデジタルコピーを作成できました。

「激怒7」の著者がウォーカーのデジタルフロアを作ったように

「激怒7」の著者がウォーカーのデジタルフロアを作ったように

情報によると

ハリウッドレポーター

、コンピュータ上のPaul Walkerのレクリエーションは会社に従事していました

ピータージャクソン

Weta Digital。 Studio Universalのこの複雑なプロセスはコメントしませんが、Hollywood BlockBustersの経験は今日、彼の参加なしに俳優を削除することが可能であることを証明しています。

特殊効果としての俳優

俳優の死は、それがどのようにそれが道徳的な観点から聞こえたとしても、もはや映画探し業者のための障害はありませんでした。センセーションの例は中国の広告です

brうそをつく

視覚効果の専門家によって言われたロビンShengfield:

コンピュータ上で完全に作成された俳優はしばしば公的懐疑論を引き起こします。

4番目の「ターミネーター」のSchwarzenegger(より正確にはSchwarzenegger)の出現と

。しかし、今日の共鳴は、私たちが本物の人々について話しているという事実として、その方法の革新をそれほど革新しないようにします。最後に、後に

"アバター"

現代のブロックバスターズの視覚的な可能性によって深刻な驚くべきことがすでに奇妙になっています。

特別な効果の助けを借りて完全に「描いた」ためのブルース・リー

3Dスキャン

彼らのデジタルツインを回避することによって俳優を使うもう一つの方法。それで、映画撮影の始めに

「最初のアベンジャー:もう一つの戦争」

俳優の専門家の専門家 - 最も複雑な頑固なシーンで彼らの仮想餃子を作成することが必要です。言い換えれば、これはアクターだけでなくカスケードも変更されます。

撮影の報告「Fast Anda 7」

ダブル

スクリーン上の歩行者の床の具体化方法の中には文字通り人相があります。コーディの俳優兄弟とカレブは絵画サイトに招待されました - ユニバーサルは彼らがどんな仕事をするかを説明していませんでしたが、彼らは彼らが信じるでしょう:Paul Walkerは気にしないだろうと思います。 7番目の「森屋」の著者

その決定についてコメントしました

:

猛烈な7遊園地のコーディとカレブワカ

過去を思い出してください

最後に、問題を解決するための別の正式に確認された方法があります。 Fursazhamのディレクター7.

ジェームズ・バニュ。

彼らは私たちが私たちが歩行者のアーカイブに変わり、他の部品の最終的なバージョンに含まれていなかったウォーカーの床とのシーンで借りることを許し、6つの全長映画の草案の祝福は虐待を蓄積しました。その結果とそれが武装していない外観に目立つかどうか、聴衆は4月9日から映画館で学びます。

猛烈な7トレーラー

注意! この記事では、ウォーカーのセックスの死にもかかわらず、映画作成者の試みに関連するいくつかのプロットターンが開示されています。あなたがまだ「速くて激怒7」を見ていないのであれば、それをするつもりです、私たちは後日の読書を延期することをお勧めします。

「マシンは飛ばない!」

このフレーズは、多くの視聴者が気付くことができなかった最初のフレームのいずれかで鳴りました。ウォーカーキャラクターブライアンオカンナーは彼の息子ジャックを家族のミニバンに座り、シートベルトを締め、その男の子は橋のおもちゃの機械に飛び出します。 O'Conner車が飛ばないことを彼の息子に伝え、彼は彼の後ろの笑いで繰り返します。

数秒後、聴衆は前の人員には適用されない爆発を見ていますが、他のすべての印象を迅速に上陸させます。それにもかかわらず、あなたが感情を捉えることに成功したら、それは長い間あなたを追求するでしょう。

ジャックタイプライターはリアスポイラーを持つ赤い二重スポーツカーで、非常に350,000ドル相当のスカーレットポルシェカレラGTを非常に思い出させています。2013年11月に事故で亡くなった歩行者がいました。ドライブ歩行者ロジャーローダの友達に座った。それが単純な一致であるかどうかを言うことは困難です。

死の時点では、歩行者はシーンの半分にしか握られていない、普遍的な材料に基づいてプロットを変更するために独自の日付を変更しなければならなかった。監督のジェームズ・バンの名誉、そして映像と効果音を創造するためのプロデューサー、スクリーンライター、そして多数の専門家の名誉には、具体的には成功しました。

いくつかのシーンでは、彼の兄弟たちは歩行者の倍増として行動し、顔と声は後で課されました。いくつかのシーンはサンプルフィルム化材料から取り付けられていました。他の場合には、暗めと角度が使用されており、O'Connerの顔が見えない。

さらに、フィルムの作成者には別の問題が発生しました。彼らはフランチャイズを傷つけないようにプロットからキャラクターを引き出す必要がありました。多くの人が映画の終わりにオカンナーが殺されるだろうと仮定しましたが、これは起こりませんでした。

猛烈な7のクリエイターがPaul Walkerの死を勝ち取ることができることを見ましょう。

第一印象

他の英雄の参加を持つエピソードのペアの後、私たちはついにウォーカーの画面で見ています。彼は車の車輪の後ろにクローズアップを撃った。チェンジは壊れており、O'Connerが息子を学校に連れて行ってから、彼のミニバンに出発します。

第一印象

これらの職員はMIAとブライアンの新たな生活を示しています。 「あなたはあなたに慣れています」と、先生は彼が車からジャックを服用し、彼が答えたものです。「これは私が恐れているものです」

それが機械です

いくつかのエピソードの後に​​ブライアンが彼を学校に連れて行くためにミニバンにジャックを運びます。 「聞く、私はアイデアを持っています。学校のスキッドを駐車しましょう」 - 彼は息子に夢中に尋ねます。ウォーカーは、人生の危険な操縦をとても愛し、大部分は彼女のキャラクターのように見えました(なぜ彼がこの役割を受けた理由です)。

ジャックがおもちゃのマシンを投げると、Brianは「車は飛ばない」と彼に言っています。彼はアブダビで同じフレーズを繰り返し、車の中の乗客の場所に座って、支配的な(勝利したディーゼル)は別の建物の後にクラッシュする。

家族のブライアン。

彼女の夫と父親の新たな役割は、彼が人生の中ですべての愛を愛するものからブライアンを気をそらす - エキサイティングなレース。最も可能性が高いと、これらのフレームは歩行者の死に取り除かれました。 MIAを含むシーンでは、彼が言うものを含む群れなしでは非常に正確に費やしています。「私はすでに何度もこっそりしています。

それにもかかわらず、俳優の死後、家族の幸せへの焦点は強化されました。ドミニカとブライアンの会話におけるその後のシーンのいずれかでは、明らかな糊付けがあります。ウォーカーはディーゼルエンジンの言葉にはまったく適切に反応します。 「私たちはシュートアウトに欠けている」とドミニック氏は言います。 「これは普通ではありません、はい?」 - ブライアンは反応していますが、彼の声とイントネーションは奇妙なものであり、カメラは一般的な計画で2つの俳優を服用しません。その後、ドミニックはダイアログに明確さを紹介します。

「誰もが鋭い感覚を探していますが、最も重要なことは家族です。あなたの家族。彼女を握り、ブライアン。

家族のブライアン。

他のエピソードがあり、どのブライアンが最後の戦いを守ることを望んでいないと判断します。彼はMIAをドミニカ共和国に電話して、「MIA、耳を傾けます。ここでは深刻なことです。1日後にあなたに電話しないでください。

彼のトーンは彼の影響を受けた、MIA回答:「それを好きではありません。

会話の終わりに、ブライアンは単に危険について彼女に警告することができましたが、シナリオは、彼が不吉に聞こえたようにテキストを変えました。

彼は言う:「私はあなたを愛して、MIA」と言います。

葬儀

映画では、現実に近すぎるもう一つの瞬間があります。おそらく彼は歩行者の死に取り除かれました。東京で亡くなったカーン葬儀(息子CA)で、私たちはローマンの言葉(Tyreiz Gibson)を聞きます。それから彼はブライアンに変わり、「私に約束する、ブライアン。これ以上葬儀はありません。」

ブライアンの答え: "1つだけ"そして痛いほど長時間の一時停止の後、「このGADA」(ショーデスクを参照している、Jason Statera Character)。

バスに焦点を当てる

山岳地帯のレースシーン - おそらく映画全体の最も忙しい瞬間 - バスから脱出しようとし、Abyssの端にバランスをとるためのブライアンの試みを示しています。ハートのフェージングを持つ視聴者は、ダイの姿のように見え、フード付きのスウェットシャツが薄い表面に沿って走り、その後Letty(Michelle Rodriguez)を代入したスポイラーをつかみます。

バスに焦点を当てる

手や足をさまざまな方向に洗練され、ブライアンは地球上にあり、急いで飲み込む空気を飲み込んでいます。 「生きていますか?」 - Lettyに尋ねますが、彼が答えることができるすべてのものは「ありがとう」です。

この単語は、数えられていない長い対話の最終的なものとして計画されていた可能性があります。山のアトランタで撮影した後、ディレクターは小さな休憩を手配し、その間に歩行者がチャリティーファンデーションのイベントに参加するためにカリフォルニアに戻った。

アブダビ

Abu Dhabiの舞台は、歩行者の死後に中東に撮影されました。これはそれを意味するかもしれません

1.対話や音のシーンのほとんどは事前に記録されました。ウォーカーは正常に話し、ディーゼルと相互作用します

2.コンピュータグラフィックスは単にウィザードであるため、彼らが歩行者の顔を彼の兄弟の体と組み合わせるように管理されていたので、ウィザードです。両方のオプションが正しい可能性があります。

一部の瞬間に、ウォーカーは失敗して呼ばれ、レプリカを言っていてかなり自然に見えながら、それは幽霊のように見えます。物議を醸す職員には、浜辺のシーンと高層ビルの壁の中の雰囲気が含まれています。

ほとんどの場合、風景のシーンのみがアブダビに撮影され、その後歩行者の数字がそれらに重ねられていました。

これがきれいなコンピュータグラフィックスの場合...私は立ちます!

最後のレース

最後のシーンでは、ウォーカーに関連する2回だけを見つけることができます。その最初のものでは、Brianは車から飛び出し、それは数秒で爆発します。いくつかの天候、彼は​​火で覆われた車からドミニカを引き出し、それを人工呼吸にし始めます。

傷をつけた。

賛辞

間違いなく、これは映画の最後の5分です。誰もが話します。

戦いが終わった、チーム全体がMalibu Beachに集まり、MiaとJackを水で遊んでジャックを演奏しました。 MiaはBrianに彼らに参加するように頼みます。 「債務通話」とは、ドミニック、ブライアンは彼の足の上に立っています。彼の数字が崩壊したときに、これは映画全体の数の瞬間の1つです。

ブライアンは彼の手にジャックを取り、彼に数回キスをします。驚くべきことに、歩行者の顔が旋削時に少し歪んだという事実にもかかわらず、シーンは非常に自然的に見えます。監督はビーチでこのシーンを追加の素材として取り除き、最終版でそれを使用することを計画していませんか?あなたが彼がそこにいなかったかのように、キャラクターがブライアンについて話すと考えることが可能です。

「美しさ」と言っています。

「それが彼の場所があるところです」とLettyは言います。

「常に彼を待っていた家」ドミニックは言います。

「今からすべてが異なるようになるでしょう」とRomanは言います。

ドミニックは去るまで起きるが、Ramji(Natalie Emmanuel)OARS彼:「あなたはさえさえ言えないの?」

「そして、私たちはさよならを言っていません」とドミニックはあなたに再びWISEN CALIPHSを閲覧します。

それからドミニックな葉は絶えず銀の覆いの中で葉が降りていますが、白白エキゾチックなスーパーカーブライアンは追いついています。

「さよなら言ってはいけない、あなたは去りたいのですか?」これは最後のレプリカブライアンオカンナーです。そしてやはり歩行者の死後にフレームが取り除かれたことは明らかですが、彼はオーガニックに見えます。

友達はキャニオン・マリブに沿って行き、ドミニカの声はスナーの後ろに聞こえています。

その後、私たちはドミニカの声を伴うシリーズの映画からのショットを見ます: "私たちがいた場所はどこにあるのか、世界の四半期の間、そして世界のさまざまな終わりに、あなたはいつも私と一緒にいるでしょう私の兄弟。"

最後のフレームでは、しばらくの間そこに行く2台の車が見られますが、小さなフォークでは、白いスポーツ選手の歩行者が左に曲がり、Dodge Dieselは主要な高速道路に沿って移動し続けています。カメラは太陽に訴え、画面は光であふれ、言葉が表示されます。

「床に捧げた」

何かを追加したいですか?私たちはあなたのコメントを待っています!

翻訳:17koles.ruのためのAyrapetova Olga

Forsazh-7の撮影中に、複雑なデジタル技術が使用されました。

Paul Walkerなしで7階の撮影方法 

2年以上前のウォーカーのセックスの悲劇的な死は、映画スタジオが脚本に従ってFastroja-7の撮影を完了させることを許可しなかった。伝説的な俳優が、絵のジェームズ・ウングのディレクターが厳しい事故の結果として、ウォーカーの参加なしに、映画の後半の完了のためにソリューションを要求した困難なタスクに直面しました。しかし幸いなことに、映画のファンは素晴らしい方法でした。

Paul Walkerの死の直後に、映画のスタジオが映画を撮影した浮遊させ、長い間仕事の継続を決めることができませんでした。主な理由は、フィルムクルー全体が脚本を変更したくないということでした。したがって、絵の所有者にとっては困難な作業がありました、主人公の参加なしに断食の射撃を続ける方法がありました。その結果、最新のデジタル技術のおかげで、最新の映画館で適用される新しいデジタル技術のおかげで決定がなされました。

映画クルーのバリューダ7の映画を撮影し続けるために、映画館の特殊効果やその他のデジタル技術を作成することに途方もない経験を持つ。 Weta Digitalチームは、画面上でウォーカーのデジタルコピーを作成するための注文を受けましたので、オーディエンスは画面が本物の歩行者であり、彼のデジタルコピーではありません。プロジェクトの初めに、Weta Digitalの代表者は、聴衆が違いを見なかったので、最適な類似点を達成するために、最適な類似性を達成するために、それが成功する可能性は低いとは思われます。

しかし、専門家によって行われたユニークな仕事のおかげで、Weta Digitalは、画面上の俳優の際立ったデジタルコピーを作成することができました。このために、それは以前は歩行者の床の350の異なる写真によってデジタル化されました、2人のセックス兄弟の体は完全に走査されました。専門家たちはまた俳優の体をスキャンし、それは歩行者に完全に似ていた。

専門家にとって最も困難なことは、映画の主人公がいくつかの行動をとったいくつかのシーンを作成し、デジタル俳優が静かなシーンを持つ静的なフレームにいた職員、カメラが俳優のクローズアップに焦点を当てていた、観客ヒーローの顔とテレビ。視聴者が2秒間、第二に、それは画面上では疑わしいものではなかった、過去の通過シリーズからの俳優を持つフレームを撮影しました。その結果、現代のデジタル技術や骨の折れるユニークな仕事のおかげで、FastroJ-7の撮影をうまく完了することができました。

そのような技術が5年前に素晴らしいように見えたことは驚くべきことです。しかし1年前、Furçazha-7撮影が完了したとき、それはファンタジーが現実となっているようです。そして世界中の箱の事務所での写真の成功による判断、映画の乗組員はすべてが判明しました。

Subrescand Portalは、俳優の参加が残っていた追加のシーンがどのように作成されたかを正確に述べています。

Paul Walkerは2013年11月に「激怒7」の撮影がフルスイング中にあるときに自動車事故で死亡しました。この悲劇のために、製造前に問題がありました、それは彼のメインの星の1つなしで映画に取り組むことをお勧めします。その結果、スクリプトをリサイクルし、まだ絵を終了することが決まった。 2015年に「Forsazha」の7番目の部分は、グローバルボックスに15億ドルを超えた。クリエイターは、俳優自身が生きていなかったとき、歩行者の参加を得て映画にシーンを追加することができましたか。

Plot Arch Brian O'ConnorがFursazh 7で変更された後、映画の創造的なチームは歩行者と約350の追加のフレームを生産しなければなりませんでした。未使用の倍精度およびアーカイブの材料が、「毛皮」の前の部分の製造中に撮影された、必要な職員から90が提供されました。残りの260フレームは、ウォーカー兄弟、カレブ、コーディを使用して完成しました。彼らは二重として行った、そして彼らの顔の売り上げの段階では、コンピュータグラフィックスとの歩行者の顔に置き換えられました。 CALEBとCODYが床と非常に似ているように見えたので、このアプローチは正当化されました。

2015年のインタビューでは、視覚効果の専門家であるJoe Letteriは、最初は人の交換のために歩行者兄弟の出現を発進することを決めたと判断しました。しかしながら、その結果、彼らはこれを拒否したので、時代として歩行者との重複を撮影した。複雑な状況は、歩行者の主人公が対話に参加しなければならなかったという多くのフレームで、音響エンジニアが死亡者の演説を人工的に構築しなければならなかったことでした。このために、古いオーディオ素材も使用されています。

また、Letteriは、彼のVFXチームの重要なタスクはできるだけ多くの自然なイメージを達成することができましたが、コンピュータ修正の人が映画を見栄えがよくなるようですが、同時に恐ろしいことがわかっていることに注意しました。結果として生じる結果を得て、それは完璧に電話をかけるのが難しいですが、巨大な興行のオフィスは、映画の努力を高く評価することを示唆しています。

Paul Walkerが撮影中に死亡しなかった場合、猛烈な7はどのように終了しましたか?

多くの点で「林浜」の7番目の部分は、フランチャイズの重要なマイルストーンとなりました。まず、自動車労働者の4つの前のテープの後、ディレクターが変更されました。第二に、Jason Steatenは映画館のフィルタにやって来て、他の2人の健康的なワインディーゼルとデュインジョンソンのおかげで楽しいです。第三に、過去のフランチャイズへの定性的なシナリオと成功した魅力は、「断食7」を料金7」を迅速に確立することを許可しました - 今日まで、この映画はシリーズのほとんどの現金登録簿、世界的な箱で1億以上の百株です。しかし、「7」の本質的な部分のために、最も感情的な絵は最も感情的な絵でした - 自動車事故での映画の撮影中に、Paul Walkerは死にました、以前の映画シリーズのスター、の愛Public、そしてテープの著者はリボンを仕上げるために前例のない努力をし、そしてチーム全体のキャラクターのために重要にさようならを言う。

映画激怒フランスからのフレーム
映画激怒フランスからのフレーム

Brawanの触るワイヤーは本当に美しく美しくて誠実であることがわかりました - あなたが歩行者車が主な経路から来た場所に泣かなかったなら、あなたは心の代わりに鉄のエンジンを持っています。しかし、この瞬間のために、そして実際に歩行者の死のために映画決勝を修正しなければならなかったことを知っています。しかし、あなたは思いました、そして悲劇が起こらなかったならば、「表情7」となるべきですか?そして、歩行者がチームの中に残った場合、フランチャイズがどのように発展しますか?対処しましょう。

映画激怒フランスからのフレーム
映画激怒フランスからのフレーム

だから、Paul Walkerは2013年11月30日に亡くなりました。悲劇は彼の同僚に衝撃を与えたので、映画が4ヶ月間停止し、絵を全く解放しないことについて話をしましたが、ディーゼルと会社が軍と集まったところ、そして2014年3月には仕事を始め始めました。ウォーカーが参加しなければならなかったシーンでは、以前にショットフレームのどちらかが使用されていたか、または彼がコーディの兄弟とCalebに置き換えられましたが、「倍増」の大規模な参加は必要ありませんでした - 彼らのシーンのほとんどすべてで開催されます。

映画激怒フランスからのフレーム
映画激怒フランスからのフレーム

···例外を除いて、もちろん、出発を許した。ブライアンとの別れが計画されていなかったという単純な理由で - フランチャイズは確かにキャラクターのさらなる使用を計画していました。しかし、ウォーカーの死と映画期間の最終部分の始まりの間に通過した時間の間に、スクリプトは終わりをわずかに修正しなければなりませんでした。そして、最近、映画制作者は悲劇へのシナリオで何があったもの、そして将来的に彼らが主人公を建てた計画の詳細を明らかにしました。

映画激怒フランスからのフレーム
映画激怒フランスからのフレーム

そして計画は本当に広範囲でした。絵の最後のバージョンのように、終わりは壮大な戦いに展示されていました。最終的な学位は、Torrettoチームの次の使命のために視聴者を準備することでした。作家クリス・モーガンは、ライダーが第8の映画で計画されたという秘密を明らかにしていなかった、Charlize Theronによって行われた悪役の外観が事前にあったならば、それは私達に知られていないが、それは言うことが非常に正確であった - 計画が挑戦された。これはディーゼル自身を確認していることを確認しても、7回目の写真を撮影開始する前であっても、新しいプロットアーチは別々の三部名を形成していると述べました。

映画激怒フランスからのフレーム
映画激怒フランスからのフレーム

モーガンのヒントは、7番目の映画「ファミリータルト」の後に、誤解されていない違法な任務を満たす人とその組織を満たす人のチームを持つ物語になることをさらに興味深いものです。 Kurt Russellとの用語契約が締結されました。この中傷では、ブライアンはチケットや他の人たちとやや途中でやや抜けていましたが、Paul Walkerがプロジェクトから出てくるか、背景に戻ることを意味しませんでした - それは私に「Forsazhi」の著者が計画されているようです。 Tortoと 'CONMORMの間に内在性をもたらすために、2人の友人が対戦相手だったとき、歴史の話に戻り、法律のさまざまな側面に立っていました。実際、激怒7の決勝戦は計画され、最終実装されている最終的な実装はそれほど異なっていません。

映画激怒フランスからのフレーム
映画激怒フランスからのフレーム

無関係な8番目のフィルムでは、ブライアンはハンマーとアンビルの間であると考えられていました - 一方では、より多くの犯罪者、そしてドミニカの法律に反して、そして他の家族、MIAそして子供たちの上に違いありませんでした。このうち、劇的な紛争のためのかなり良いプロットのターンと固体の土壌がよく得ることができますが、私たちが知っているように、そうでなければ運命は命令されました。しかし、名誉を持つスクリーンライターが悲劇的な状況から出てきたことは注目に値します。

映画激怒フランスからのフレーム
映画激怒フランスからのフレーム

はい、私は他のチームメンバーに集中して近くのサークルにラムジーを紹介しなければなりませんでした。はい、ある程度の「悪い」との衝突は、岩と静的に移行しなければなりませんでした。はい、8番目の映画のために私は一歩後退し、新しい深刻な対戦相手の英雄を探していました。しかし一般的に、フランチャイズは衝撃のように見えます。もちろん、「速くて激怒」はもはや同じではなく、変化の多くのファンにとっては致命的な性格を持っていますが、拒否された7番目の部分決勝戦と8番目の更新された構造を持つケース産業の観点から映画 - 極端な状況での柔軟性の例。高オクタン価なフランチャイズの過程の予約は、大きな悲劇機械でさえも遅くし、そのもその使用を行うだけでなく、キュベットでリセットされないようなものになることがわかった。

映画激怒フランスからのフレーム
映画激怒フランスからのフレーム

私達は9番目のテープのリリースだけを期待することができます。その中に著者が著者らは聴衆にPaul Walkerの主人公の運命について新しいことを学ぶ機会を与えることができます。おそらくそれは冒涜的に聞こえますが、私は本当に人工的な形式ではあるが、スクリーン上で再びそれを見たいのです。そのような文字はトレースなしで消えるべきではありません。

まだ会う映画館には可能性がありませんが、私たちはすぐに映画館のホールで見ることを望んでいません。その間、読み書きを楽しみにしています。映画館とそのような形態の中で魅力的なビジネスです。病気にしないでください!

Добавить комментарий